NPO法人3.11こども文庫 - みず文庫のリンゴジュース

最終更新: 6月16日

画家である蟹江杏さんの事務所であるアトリエ杏様とは2019年からのおつきあい。様々な仕事(とても楽しい!)をいただいています。先日銀座シックスでの新作展を終えたばかりですが、コロナ感染症のため急遽WEBでの公開も同時開催となり、現在も公開中です。(2020.6.14)


蟹江杏さんは震災後の福島の子供達をアートで救うNPO法人「3.11こども文庫」の発足人であり理事長です。子供達が無料で絵本に触れることができる小さな図書館が、今現在3箇所ありそのうちの一つ「みず文庫」さんが、リンゴジュースを作るというのでラベルデザインを依頼いただきました。

そのみず文庫さんから「ラベルを貼って仕上がりました」と、素敵な写真を送ってくれました。爽やかな風がそよいできそうな写真でした。りんごは6種類でそれぞれ違う絵のラベルになっています。みず文庫さんが今後の活動のために行っているクラウドファンディングの返礼品になるそうです。



リンゴジュースの他、日本酒のラベルが2種類。まだ印刷が終わってませんが、これに絵葉書がつく予定です。超高級紙+エンボス加工で私もサンプルが届くのを楽しみにしているところです。


去年は千葉の「おひさま文庫」様に蜂蜜のラベルもつくりました。絵がすごーく可愛い!





こちらが先日終えた銀座シックスのフライヤーです。キーアートの力強さと遊び心を引きたてるようなタイポグラフィを探りました。



蟹江杏さんは現在フィンランド児童文学「太陽のこどもたち」の映画化に向け、クラウドファンディングを行っています。原作はまだ読んでいませんが、杏さんの絵が動いて語り出すなんて、どんな世界になるんだろう!とワクワクしています。


43回の閲覧

© Yoshimi Towle