飛行機の中でみた映画2本。

行きの便でJoker、帰りの便でトムハンクスのA Beautiful Day in the Neighborhoodをみた。Joker、話題になっていたのは知っていたけど、なんの事前情報もなく観てしまった。これから旅行というタイミングの映画ではなかったな・・。アメリカでヒットしたのはよくわかるけど、なぜ日本であれほど話題になったんだろう。

そしてJokerはGotyeが演じたのかと思い込んでいて<すごい演技力!!>と思ったけど、違った。後で思い出したけど、グラディエーターのあのボンボン感が半端なかった皇帝ではないか。 下のリンクはGotyeのヒット作PV、私の好きなキンブラをfeatしてるので貼っておこう。Jokerとは、白塗りした彫りの深い顔が同じなだけだったかも笑。

Gotye - Somebody That I Used To Know (feat. Kimbra) - official music video

https://www.youtube.com/watch?v=8UVNT4wvIGY&feature=emb_title

A Beautiful Day in the Neighborhoodはトムハンクスが主演でハマリ役だった。いつくか覚えておきたくなるような素晴らしい言葉があった。間も無く死んでしまう主人公の父親の病床で、トムハンクスが「死はみんなが避けようとする話題だけれど、話題にしてもいい」という意味のことを言ってから Death is mentionable. Mentionable things are manageable.と言ってたと思う。


そしてトムハンクスはいい歳のとり方してるさすがと思いつつ、なぜか「さよなら さよなら さよなら」で有名だった淀川長治をずっと思い出していた。(これがわかるあなたの歳を私は知っている笑)

淀川長治 さよなら さよなら さよなら

https://www.youtube.com/watch?v=xY22D_88vPQ

36回の閲覧

© Yoshimi Towle